地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、伊勢市・鳥羽市・志摩市の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

伊勢市・鳥羽市・志摩市の地域情報サイト「まいぷれ」伊勢

※このイベントは終了しました。

【5/11〜5/19】なるほど「風日祈祭」・おかげ横丁 風の市

【5/11〜5/19】なるほど「風日祈祭」・おかげ横丁 風の市
春から夏へ移り変わるこの季節、時折吹く風に青葉の匂いを感じます。
野山や里に吹く爽やかなそよ風は、神田をはじめ周りの田んぼの早苗をゆらゆら揺らします。
神宮にて風の神様に五穀豊穣をお祈りする「風日祈祭」が執り行われるのはちょうどこの頃。
たなびく吹き流し、気持ち良さそうにくるくる回る風車、チリンと鳴る風鈴の音色。
町をぶらりと歩き、心地よい伊勢の風を五感で楽しみながらお気に入りを見つけてください。

<なるほど「風日祈祭」>
風日祈祭は何を祈るの?何を奉納するの?風日祈宮はどんな神様なの?など、風日祈祭や風日祈宮についてパネル展示で分かりやすく解説いたします。
場 所:おかげ横丁内「特設会場」

※風日祈祭(かざひのみさい)・風日祈宮(かざひのみのみや)について
「風日祈祭」・・・御弊、御笠、御蓑を奉納し、風雨の災害なく、五穀の豊かな稔りをお祈りするお祭。
「風日祈宮」・・・内宮別宮、伊弉諾の尊(いざなぎのみこと)の御子神であり、風の神様である、級長津彦(なつひこ のみこと)、級長戸辺命(しなとべのみこと)をおまつりしている。風日祈(かざひのみ)というの は、古くからこのお宮で、7月1日より 8月末日までの二ヶ月間、毎日風雨の災害のないようにお祈りする、風日祈の神事が行なわれていたことに由来している。現在は5月14日と8月4日の2度、風日祈祭が皇大神宮、豊受大神宮以下諸宮社で行なわれています。
カテゴリ季節のイベント、行事
開催日2019年5月11日(土) ~ 5月19日(日)
開催場所おかげ横丁
三重県伊勢市宇治中之切町52
特設会場
イベントの公式URL(PC)https://www.okageyokocho.co.jp/program/season-program/kisetsu06/
お問い合わせ先おかげ横丁総合案内
TEL:0596-23-8838