地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、伊勢市・鳥羽市・志摩市の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

伊勢市・鳥羽市・志摩市の地域情報サイト「まいぷれ」伊勢

お祭り特集

2018年のお祭りスケジュールは要チェック!!

【6/1(金)~7/8(日)】高柳の夜店:伊勢市

大正時代から始まる歴史ある夜店で、1,6,3,8の付く日及び毎土曜日に開催され、伊勢の夏の風物詩となっています。金魚すくいやかき氷、クレープなどの屋台のほか、手作りのゲーム会場などが人気を集め、夏の夜を賑わせます。地域の特産や名物が披露されるイベントなども数多く行われ、何度行っても楽しむ事が出来ます。
その様子は、横丁ルネッサンスといっても良い光景です

開催日時

平成30年6月1日(金)~7月8日(日)の1,6,3,8の付く日と毎土曜日

17:00~21:00

場所 伊勢市曽祢町高柳商店街
アクセス 近鉄「宮町駅」より徒歩約15分。
関連サイト 高柳の夜店特設サイト

【6/2(土)】第58回伊勢えび祭:志摩市

三重県志摩市浜島町の「伊勢えび祭」は、伊勢海老を代表とする海の幸への感謝と、豊漁と、安全を願う伊勢志摩の初夏を彩る祭です。

町の繁栄を祈願する式典で幕を開け、夕暮れともなると、軽快な音色が海沿いの町に広がり、“伊勢えび囃子”にあわせて踊る【じゃこっぺ踊り】の道中踊りや、巨大な【伊勢えび御輿】も登場、フィナーレには観客も一緒になって踊る“総踊り”で盛り上がる楽しい祭。やがて花火が打ち上げられ、祭の夜を華やかに彩る“名残り囃子”の音に送られ終演となる。

開催日時

平成30年6月2日(土)

10:00~21:00

場所 浜島海浜公園
アクセス

近鉄鵜方駅前から宿浦ゆきにて浜島バス停下車、会場まで徒歩すぐ。

[車でお越しの方]

伊勢自動車道・伊勢西インターから約50分。

※交通規制があるのでご注意下さい。

関連サイト

公式ホームページ

【6/22(金)】赤崎まつり:鳥羽市

神社から中之郷にかけては多くのお店がびっしり並び、夕方から大変な賑わいになり、その名の通りゆかた姿で行き交う人々が多く、情緒豊かな祭りです。
神社の入り口では、その昔この地方で流行病が発生した際、この宮域内の杉の小枝を門戸につるした家々は難を逃れたという言い伝えにちなんで、崇敬会による厄よけの杉の小枝が売られています。

開催日時

平成30年6月22日(金)

夕方~

場所 赤崎神社周辺
アクセス 近鉄志摩赤崎駅から徒歩約5分。
または、鳥羽バスセンターから、かもめバスにて約5分「赤崎神社前」下車すぐ。

【6/24(日)】伊雑宮御田植祭:志摩市

開催日時 平成30年6月24(日)
場所 伊雑宮(志摩市磯部町上之郷)
アクセス 近鉄上之郷駅下車 徒歩3分。

【7/7(土)】しろんご祭:鳥羽市

菅島のしろんご祭は、伊勢志摩を代表する海女の祭で「しろんごさん」と古くから地元で呼ばれており、島の守護神である白髭大明神をお奉りし、数百年前から大漁・豊漁と海上安全を祈願するために、この島の人々によって受け継がれてきた海女の祭です。
この祭が行われる「白浜」は、一年を通じて禁漁区ですが、この日のみ漁が許され、ホラ貝の合図で島中の海女たちが、一斉に雌雄一対のアワビを獲るために競い合います。
この雌雄一対のアワビを「まねき鮑」と言い、「まねき鮑」を一番に獲った女性が、一年間海女頭として崇められ豊漁が約束されると伝えられています。

開催日時

平成30年6月24日(日)

8:30~12:00

場所 しろんご浜(菅島町)
アクセス 鳥羽マリンターミナルから市営定期船にて約15分「菅島」下船。
菅島港から遊歩道(しろんご海道)を歩いて徒歩約20分。

【7/12(木)・7/13(金)】潮かけ祭り:志摩市

開催日時

平成30年

7月12日(木) 前夜祭 19:30~
7月13日(金) 本祭 7:00~

場所 和具漁港魚市場周辺(志摩町和具)
アクセス 伊勢西ICより車で約60分。

【7/14(土)】相差くじら祭り:鳥羽市

青峯山正福寺の本尊である十一面観音が鯨に乗って相差へあがったという伝説もあり、鯨に縁の深い相差町。
その相差町で、平成元年から始まったのがこの祭りです。
大小の親子の鯨みこしが町中を練り歩いた後、海女たちに担がれてみこしが海に入ります。
また、夜には花火大会や振舞いなどでにぎわいます。

開催日時

平成30年7月14日(土)

13:00~21:30

場所 鳥羽市相差町内
アクセス 鳥羽バスセンターから、かもめバスにて約35分「相差」下車。

【7/14(土)】伊勢神宮奉納全国花火大会:伊勢市

国でも早い時期に開催されるこの大会は、全国各地から選抜された花火師たちが神宮に奉納し、日頃の研鑽の成果を神都伊勢の夜空に放揚する「競技花火大会」です。また、花火師たちがその年の安全を祈願する場ともなっています。
全国屈指の高レベルな花火大会にご期待ください。
そして大会クライマックスを飾るのは迫力のワイドスターマイン。感動のフィナーレの演出をお楽しみください。

この花火大会を応援していただける「伊勢の花火サポーター」を募集しています。

開催日時

平成30年7月14日(土)

19:15~21:00

場所 宮川河畔(度会橋上流)
アクセス JR参宮線「山田上口駅」より度会橋まで徒歩約15分。
近鉄山田線「宮町駅」より度会橋まで徒歩約20分。
関連サイト 公式ホームページ

【7/15(日)】河崎天王祭:伊勢市

神輿やメロディ鼓隊、勢田川での水中金魚花火、夜店などイベント盛りだくさん。

川邊七種神社(かわべななくさじんじゃ)で水神を祭る神事も行われます。

開催日時

平成30年7月15日(日)

16:00~

場所 河崎のまちなみ
アクセス 近鉄・JR伊勢市駅・近鉄宇治山田駅から徒歩で15分。

【7/27(金)】鳥羽みなとまつり:鳥羽市

鳥羽湾の空と海を彩る海上の花火大会。打ち上げられる花火や遊覧船の光が水面に反射して映る景色はとても幻想的です。
和太鼓演奏や地元の踊り、たくさんの屋台など、盛りだくさんのイベントで楽しんでいただけるお祭りです。
(花火の打ち上げは20:00~21:00まで)

開催日時

平成30年7月22日(金)

18:00~21:00

場所 鳥羽マリンターミナル周辺
アクセス

近鉄・JR鳥羽駅から徒歩8分。

関連サイト 公式ホームページ

【8/4(土)~8/26(日)】夏の鳥羽湾毎夜連続花火:鳥羽市

鳥羽では毎晩20:30から花火が打ち上げられます。
お泊りの旅館から花火を眺めながら過ごす夏の夜も、なかなかおつなものです。(小雨決行)

<毎夜連続花火>
・8月4日(土)~8月8日(水)(佐田浜)
観覧スポット:カモメの散歩道
・8月9日(木)~8月13日(月)(安楽島湾)
観覧スポット:鳥羽マリンターミナル
・8月14日(火)~8月18日(土)(小浜湾)
観覧スポット:小浜漁港周辺

<小浜連続花火>
・8月19日(日)~8月26日(日)(小浜湾)
観覧スポット:小浜漁港周辺

開催日時

平成30年8月4日(土)~8月26日(日)

20:30~

場所 鳥羽市内